保育士の方が転職をする時に気になるのは、新しい職場の雰囲気や人間関係でしょう。そのようなことは求人票を見ても、分かりません。


雰囲気や人間関係を気にしないで職場を変える方法もありますが、後で後悔する可能性もあります。

保育園によっては、こちらが依頼すれば園の見学をさせてくれる場合があります。

保育園の見学をすれば、その保育園が自分に合っているかどうか判断できます。

保育士の転職情報を利用しましょう。

またそこで働いている保育士の人間関係もある程度分かるでしょう。

個人で見学の依頼をするのが難しいときは、保育士の転職サイトを活用しましょう。

転職サイトは保育園とのつながりを持っているので、それを活かして見学の依頼を、あなたの代わりにしてくれます。
部外者にはその保育園の内部の事情は分かりづらいことが多いですが、転職サイトのコンサルタントに頼めば、ある程度調べてくれます。このようなサイトのコンサルタントは元保育士がなっていることが多くて、仕事を探している人の悩みをしっかり理解してくれます。

働くうえで人間関係が大切だと言うことを十分に分かってくれるので、相談しやすいです。自分で見学のことを頼むのは言いづらいこともありますが、間に第三者が入っていると、スムーズに頼めます。

今すぐ使えるgoo ニュース情報を網羅した総合サイトです。

見学の期間はコンサルタントと相談して、決められます。


あまり長い間見学すると嫌がられる可能性もありますが、短い間だったら可能な保育園の数は多いです。


見学の期間を長くするのも個人では難しいですが、転職サイトが間に入っていれば、可能になります。



Copyright (C) 2016 保育士の転職は見学をして決めよう All Rights Reserved.